沿革

昭和43年3月真岡市中892番地にて斉藤製作所として創業開始
日立化成協力工場として電話機等の仕上げを開始
昭和45年8月会社設立登記『有限会社斉藤製作所』
昭和46年2月発砲成形部門開設
自動車のダッシュボードの発砲成形を開始
昭和47年10月社名変更『有限会社ホンデン製作所』
同時に射出成形部門開設 電話機等の射出成形を開始
昭和48年7月真空成形部門開設
日立化成kkより設備移設
自動車のダッシュボードの表皮の真空成形を開始
昭和56年5月発砲成形部門閉設
昭和59年6月サンドブラスト部門開設
化粧品等容器のブラスト処理を開始
昭和62年3月真空成形部門閉設
昭和63年3月サンドブラスト部門閉設
7月半導体製造(機能試験)部門開設
IC等の検査を開始
平成3年5月組織変更『株式会社ホンデン製作所』
平成5年10月成形部門に射出中空成形(AGI成形)導入
平成6年8月成形部門に低発砲射出成形導入
平成8年1月柳林工場竣工
本社工場より半導体部門移設
平成9年3月柳林工場敷地内に成形工場竣工
本社工場より射出成形部門移設
平成14年8月成形工場内にクリーンルーム竣工
液晶用導光板成形を開始
平成17年3月ウェルドレス成形導入(RHCM)
平成18年1月成形工場内に準クリーンルーム竣工(精密製品の品質安定化)
3月工場内にクリーンブース設置(精密製品の洗浄及び組立)
11月大型成形機導入
平成20年3月北関東横断道路真岡インター内第5工業団地に工場用地取得
平成22年3月真岡工場竣工(真岡第5工業団地)
本社を柳林工場へ移転 登記
10月大型新鋭機導入(1050t)
平成23年12月新鋭機に更新(600t)
平成25年6月ISO9001取得(MSA-JAB)
8月大型新鋭機に更新(1050t,1300t)
平成26年3月新工場用地取得(2250坪)
平成29年3月CR室食品用成形機導入(280t)